トップへ » はじめての方へ » なんでも話せるカウンセリング » つかず離れずのスタイルで、心地よいお節介をしています

つかず離れずのスタイルで、心地よいお節介をしています

カウンセリング当院では、来院者との関係を「つかず離れずの距離」で保ち、「心地よいお節介」と感じていただけるように心がけています。たとえば、歯みがきは、「こんなふうに大切なんですよ」と伝えて、しっかりみがく方法を教えることはしますが、「歯をみがけ!」と押し付けることはありません。

歯みがきに関しては、テレビを見ながら...とか、入浴中に浴槽で温まりながら...といったご提案することもあります。当人が「意味と目的」を見出せるように導くことが、私たちの役割であり、「サポート」なので、あくまでも「その人なりのスタイル」「その人が実現可能な方法」を見つけることを重視しています。

歯科医療は、ある程度の期間や回数が必要な治療が多いので、来院者の皆さまとは長い付き合いになります。なので、ご当人が「意味と目的」に気づかれるまで待つことができますし、最終的に決めるのはご当人です。とはいってもほったらかしにはしない...という、心地よいお節介をしています。

自分自身の力で問題を解決!
その方の生活スタイルに合うか合わないかを見極めてご提案することで、ご当人に「自分自身の力で問題を解決していけること=エンパワーメント」を実感していただけたら...と思います。

また逆に、私たちのほうが来院者から学ばせていただくことも多々あります。それは、医師と来院者がフラットな関係であり、双方向のコミュニケーションが成立しているからこそだと実感します。

当院は、来院者の皆さまにとっての「健康づくりの場」であり、予防歯科の浸透によって「歯をけずることは少なく、お掃除(歯のクリーニング)だけしていける場」にしていけたら...と願っています。


トップへ » はじめての方へ » なんでも話せるカウンセリング » つかず離れずのスタイルで、心地よいお節介をしています



TOP