トップへ » 診療科目と料金 » ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニング

白い歯は、「清潔感」や「若さ」をアピールするために欠かせない条件のひとつ。そのため、最近では日本でも、「ホワイトニング」が、おしゃれやアンチエイジングのひとつとして認識されています。天然の歯を白くしていく方法なので、自然な白さに仕上がり、笑顔の魅力度が格段にアップします。

ホワイトニングでは、歯をけずることなく、歯の表面にホワイトニング剤を塗布することで歯の黄ばみや色素を分解して歯を白くしていきます。その方法には、自宅で行う「ホームホワトニング」と、医院で行う「オフィスホワイトニング」、そして、その両方のメリットを活かす「デュアルホワイトニング」があります。

<ホワイトニングのメリット>
・歯を傷つけることなく白くできる
・色(白さ)の調節ができる
・他の治療と比べて費用が安い

<ホワイトニングのデメリット>
・人によって効果にばらつきがある
・歯の色が元に戻ってしまうので、継続が必要

【当院のお勧めメニュー】デュアルホワイトニング

ホワイトニングデュアルホワイトニングは、短期でホワイトニングを実現するオフィスホワイトニングのメリットと、効果が長持ちするホームホワイトニングのメリットを合わせた治療法。オフィスホワイトニングである程度白くした後、ご自宅でホームホワイトニングを行うことで、後戻りも防ぐことができます。

それだけに、オフィスホワイトニングのみ、あるいはホームホワイトニングのみといった単一の方法で行うケースに比べて、最も高い効果が得られるホワイトニング方法ということになります。ただし、体質によっては薬剤がしみることもあるので、注意が必要です。

また、ホームホワイトニングを行ったものの、色の変わりにくい歯が1本だけ残ってしまったり、歯の構造上もともと色が変わりにくい部分(歯の根元など)が気になるといったケースもあります。そういった場合、気になる部分だけに後からオフィスホワイトニングを行うことも可能です。お気軽にご相談ください。

オフィスホワイトニング

ホワイトニング歯にホワイトニング効果のある薬を塗り、光や熱を当てて白くする方法です。 短時間で歯を白くすることが可能ですが、色の後戻りが早い傾向があります。

<オフィスホワイトニングのメリット>
・歯科医院で全部処置をしてくれるので、楽チン&安心です。
・ホームと比較して、1回のホワイトニングで白くなりやすい。

<オフィスホワイトニングのデメリット>
・希望の白さになるまで、定期的に通う必要がある。
・色の後戻りが早い。

オフィスホワイトニングの流れ ホワイトニング
1.歯の表面の掃除をします。
下へ
2.歯の表面にホワイトニング効果のある薬を塗ります。
下へ
3.薬を水で流します。
  「薬を塗って洗い流す」を2・3回繰り返し行います。
下へ
4.最後に、歯の表面をゴムのチップで滑らかにします。
  これによってホワイトニングの効果を長持ちさせることができます。

※施術前後に歯並び全体の写真を撮り、色合いを確認。全体の色のバランスを見るとともに、来院者の方の好みや希望に近づけるための確認をします。

◆通院回数◆ 2回
◆治療時間◆ 1時間/1日
◆料金◆   1歯2回/4,980円(保険外治療)

ホームホワイトニング

ホワイトニング医院にて、個々の歯型にあった専用マウスピースを作製し、自宅でホワイトニングを行っていただく方法です。ご自分の都合のいい時間に毎日2時間程度、2週間ほと続けることで効果を得ていきます。

ホームホワイトニングは、歯が白くなるのに少々時間がかかりますが、オフィスホワイトニング以上に、自然で透明感のある白さが得られると好評です。また、白さの維持期間もオフィスホワイトニングより長い点も特徴です。

<ホームホワイトニングのメリット>
・全ての歯を白くできる
・歯の白さの維持期間が長い

<ホームホワイトニングのデメリット>
・ホワイトング効果が現れるまでに時間がかかる
・毎日、自分でホワイトニングを行わないといけないので、時間を取られる

ホームホワイトニングの流れ
1.ホワイトニングの説明、口の中の状態の健診を行います。
下へ

2.歯型を取り、マスウスピースを作製します。
下へ

3.専用マウスピースとホワイトニングジェルの使用方法の説明をします。
下へ

4.自宅で1日2時間~6時間程度のホワイトニングを2週間ほど行います。
(※効果が現れるまでの期間には個人差があります)

◆通院回数◆2回~
◆治療時間◆医院治療・30分、自宅治療・2時間~6時間/1日
◆料金◆22,000円(保険外治療)


トップへ » 診療科目と料金 » ホワイトニング



TOP