トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科

審美歯科とは

審美歯科

歯の白さや歯並びといった、美しさに焦点を当てた歯科医療全体を指す言葉が「審美歯科」です。歯の機能を修復するだけでなく、「銀歯が目だって気になる」「きれいな歯で笑顔に自信を持ちたい」というお悩みに応えるために、さまざまな素材や治療方法が登場しています。

修復箇所の状態によって使い分けるインレーとクラウン

審美歯科歯が欠けたり抜けたりしたとき、歯根が残っている場合はインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)、残っていない場合はブリッジや部分入れ歯などが一般的な治療方法になります。

修復部分が比較的小さく、咬頭(噛み合わせをする歯の先頭部)を残せる場合は「インレー」を行い、けずる面積が大きくて咬頭を残すことができない場合は、「クラウン」という被せ物をします。

当院の審美歯科メニュー

【セラミック】
審美歯科メニュー白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用した人工歯。内部に金属を一切使用していないため自然な色合いが再現でき、審美性に優れていることから、主に前歯の治療に適しています。ただし、強い力が加わると破損する恐れがあるため、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は注意が必要です。

<セラミックのメリット>
・短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
・歯並びや噛み合わせの改善にも利用できる
・金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出がなく、アレルギーも起こりにくい

<セラミックのデメリット>
・割れやすい
・歯をけずる量が比較的多い
・保険適応外なので比較的高価になる

【ジルコニア】
審美歯科メニュー人工ダイアモンド素材をセラミックで覆って、しっかり焼き付けた人工歯です。自然な白さと強度があり、奥歯の治療や歯ぎしりをされる方にも適しています。

<ジルコニアのメリット>
・色が自然歯に似ているので審美性に優れている
・割れにくいので、奥歯も含めてほとんどの部位に使用できる
・金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

<ジルコニアのデメリット>
・オールセラミックに比べると色調がやや劣る
・歯をけずる量が比較的多い
・天然の歯より硬いため、周囲の歯や噛み合う歯を痛めることがある
・保険適応外なので比較的高価になる

【メタルボンド】
審美歯科メニューメタルボンドとは、金属の上からセラミック(陶器)素材で覆い、しっかり焼き付けた人工歯の総称です。金属部分が見えないため見た目がきれいで、セラミックによって天然歯に近い色調や質感を再現することができる上に、土台に使用した金属が、より強度を高めています。

<メタルボンドのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

セレックシステムで美しく輝く白い歯をあなたに

セレック当院ではセレックシステムを導入しています。セレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきたCAD/CAMシステムで、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するので、歯型を取る必要がありません。そのため歯科技工所に依頼する必要がなく、最短即日で修復物を作製することができます。

また、より自然できれいな歯を作れるよう、ハイクオリティーなセラミックブロックを使用しています。

セレック治療の特徴はこちら
セレックの詳しい動画はこちら
セレック治療受付歯科医院


トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科



TOP