トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯)

フィット感や安定感のある義歯をご提供します

入れ歯

失ってしまった歯を補うには、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療方法があります。その中のひとつである入れ歯は、手入れが面倒だったり、周囲の健康な歯に負担をかける可能性があるといった欠点がありますが、一方では、手術不要で簡単に扱えるという利点もあります。

総義歯の場合は、歯肉全体で歯を支えることが可能ですし、入れ歯でしか回復できない機能や利点もあります。ですが、体にとっては「異物」であることに変わりないので、「使えればいい」というのではなく、個々の口の状況へのフィット感が高く、咀しゃくが快適であることが重要だと考えます。

また、部分入れ歯の場合には、周囲の歯とのバランスや調和を損なわないためにも、より快適で異物感の少ない素材を使用し、審美性も兼ね備えたものをご提供したいと思います。

【当院のお勧め】スマイルデンチャー

スマイルデンチャースマイルデンジャーは、金属を使わず、ナイロン樹脂で作られた、薄くて弾力性に優れたまったく新しい入れ歯です。「目立たない」「丈夫」「よく噛める」「痛くない」など、入れ歯のデメリットを克服した快適な使用感が特徴です。また、金属アレルギーの心配もありません。

入れ歯のエステ
「入れ歯のエステ」ともいわれる金具のないスマイルデンチャーは、初めて入れ歯を入れる方や、金属アレルギーの方、欠損している部分の左右の健康な歯をけずるのが嫌な方、インプラントにしたいけれど手術が怖い方など、多くの方に人気です。しかも、無味・無臭で安定して食べることができ、違和感のない自然な発声も可能となります。

目立たず快適な使い心地
金属バネを使った部分入れ歯は、残った歯に金具をかけて固定するため、口を開けたときに金具が目立ってしまいます。また、入れ歯が合わなくなってくると、この金具が歯(残存歯)に負担をかけてしまいます。

スマイルデンチャーは、このような金具がないことに加えて、歯肉に近い色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えません。また、内側にも金具が使われていないので、フィット感や舌感が良く、違和感も少なくなります。しかも、隙間が少ないため、入れ歯と歯肉の間に食べ物が入りにくくなります。

<スマイルデンチャーのメリット>
・金属のバネがなく、見た目がよい
・とにかく軽い
・見た目に入れ歯分からない
・ピッタリとして装着感がよい

<スマイルデンチャーのデメリット>
・修理ができない
・長期耐久性に欠ける
・保証期間が短い

その他の入れ歯メニュー

金属床義歯
入れ歯金属床義歯とは、義歯床が金属で出来ている入れ歯です。義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険適用のプラスチック義歯よりしゃべりやすく、違和感が少ない義歯を作れる可能性が高くなります。

<金属床義歯のメリット>
・耐久性に優れている
・プラスチック義歯より口の中が広く感じる
・熱が伝わるので食事がおいしく感じる
・ピタッリとして装着感がとてもよい

<金属床義歯のデメリット>
・小さいバネが見えてしまう(部分入れ歯の場合)
・あごの土手によっては作成できないこともある(総入れ歯の場合)

プラスチック義歯
入れ歯国民健康保険などの保険を使って総入れ歯(総義歯)を作る場合には、義歯床がプラスチックのものになります。プラスチックの総入れ歯は分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったりすることがありますが、料金が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。

<プラスチック義歯のメリット>
・保険が適用される

<プラスチック義歯のデメリット>
・違和感が大きい
・厚みがある
・割れやすい
・金属のバネが目立つ(部分入れ歯の場合)
・バネをかけている歯に負担がかかる(部分入れ歯の場合)
・バネがゆるみやすい(部分入れ歯の場合)
・歯がすり減りやすい(総入れ歯の場合)
・あごの骨がないと合わない場合がある(総入れ歯の場合)


トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯)



TOP