トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科 » できるだけ歯をけずらない治療~MI治療

できるだけ歯をけずらない治療~MI治療

MI治療

当院では、歯をなるべくけずらないMI治療を採用しています。MIは、Minimal Intervention(ミニマム・インターベンション:最小限の侵襲)の略で、「極力歯をけずらず、今ある歯をできる限り残す」 という意味です。治療法というより、「歯をなるべく保存しようとする考え方」なのです。

通常の歯科治療では、むし歯の周囲の「むし歯になりやすい健康な部分」までけずったり、患部が神経に近く、治療後に痛みが出る可能性がある場合、神経も除去することがあります。これらは、治療した歯が再びむし歯になったり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるために行うものです。

一般歯科しかし、歯は一度けずってしまうと二度と再生されません。また、神経を取った歯は、健康な歯に比べて歯質が弱くなってしまいます。むし歯に侵されている部分だけを慎重にけずるMI治療では、そういった歯の負担や、神経を取ってしまうことのリスクを減らして歯の寿命を延ばす方法なのです。

※重症化したむし歯には、適用できない場合があります。  一度、ご相談ください。


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科 » できるだけ歯をけずらない治療~MI治療



TOP