トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科 » むし歯の進行状態と具体的な治療方法

むし歯の進行状態と具体的な治療方法

むし歯は、進行状態によってCo~C4 までの段階に分けられます。少しでも早い段階で治療を始められるよう、日々のセルフチェックも心がけましょう。

むし歯●Co(シーオー:初期う触)
初期むし歯の状態ですが、まだ穴があいたり、黒くなったりしていない段階。フッ素やキシリトールを使って歯を再石灰化させ、改善していくことが可能な段階です。

むし歯●C1(エナメル質う触)
歯の表面のエナメル質にだけ穴が開いた状態。象牙質までは達していないので、この段階では痛みはありません。治療は、むし歯の部分を必要最小限けずって、保険適用内の白い詰め物をすることで完了します。

むし歯●C2(象牙質う触)
エナメル質の下の象牙質にまでむし歯が達した状態。まだ強い痛みはありませんが、冷たいものや甘いものがしみることがあり、触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。

むし歯の範囲が小さければC1同様の治療で済みますが、むし歯が歯の深部にまで広がっている場合には、麻酔をして患部をけずり、型取りをしてから製作した詰め物を装着します。

むし歯●C3(神経まで達したう触)
むし歯菌が神経に達し、歯髄炎を起こした状態。激しい痛みを感じる場合が多く、さらに進行して神経が壊死してしまうと、細菌が根の周囲で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが腫れたりします。

このレベルまで悪化してしまった場合には根管治療が必要となります。麻酔をして、根管治療によって壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

むし歯●C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなり、根だけが残っている状態。神経が死んでいるので痛みは少ないものの、むし歯菌が血管を通って体全体に広がってしまい、心臓病や腎臓病を引き起こす危険もあります。

ここまで進行すると抜歯するケースが多くなりますが、治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科 » むし歯の進行状態と具体的な治療方法



TOP