トップへ » 診療科目と料金 » 予防歯科 » 予防歯科メニュー

予防歯科メニュー

PMTC
予防歯科PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、 歯科医師や歯科衛生士が専用の器具とペーストを使って、 通常の歯みがきでは落としきれない歯の表面の汚れや歯垢、バイオフィルムなどを除去(クリーニング)する方法です。

PMTCによるクリーニングには、むし歯や歯周病を防ぎ、強く美しい歯を保つ効果があります。痛みもなく、時間もかかりません。

スケーリング予防歯科
スケーリングとは、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石などを除去する治療法で、当院では基本的に歯科衛生士が担当しています。超音波を使用して、石灰化した歯石まで簡単に除去できる上に、保険を適応できるため、比較的安価な治療でもあります。

ルートプレーニング
歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなり、スケーリングだけでは奥深くの歯石を取ることが難しいケースがあります。ルートプレーニングとは、この奥深くの歯石や感染した歯質を専用の器具を使って徹底的に除去する方法です。通常、局所麻酔を用いて治療しますので、痛みはありません。

ブラッシング指導予防歯科
むし歯や歯周病の原因のほとんどはブラッシング不足です。"磨いている"ということと、"磨けている"ということには大きな差があり、毎日しっかり磨いているつもりでも、歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残っている場合が多く見られるのです。

そこで当院では、お一人おひとりのお口の状態や歯並びなどに合った正しいブラッシング指導を行っています。

シーラント
シーラントシーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐむし歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているために歯ブラシの毛先が入らず、磨き残しが蓄積しやすいのですが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。

ただし、シーラントを行っても、完全にむし歯が予防できるわけではありません。また、処置後、噛み合わせの状況など、いろいろな要因で薬がとれてしまうケース もあります。通常の予防や歯みがきは、しっかり行いましょう。

フッ素塗布予防歯科
フッ素には、歯の石灰化を促したり、細菌の活動を抑制させるといった効果があるので、定期的にフッ素を塗布することによって、むし歯や歯周病を予防することができます。

フッ素は、緑茶やワカメ、イワシやリンゴといった食品にも含まれている成分ですが、むし歯予防のためには食品から摂るだけでは不十分です。歯科医院でフッ素塗布を行い、さらに、ご自宅でもフッ素入りの歯みがき剤などを用いることで効果を高めることが理想です。

ホームケアでのフッ素活用ポイント
フッ素入りの歯みがき剤で歯をみがいた後、少量の水を口に含んですすぎ、なるべく長い間フッ素がお口のなかに留まるようにします。また、フッ素配合のアイテムには、歯みがき剤のほか、洗口剤や歯みがき後に使用するジェルタイプもあります。
どのアイテムを利用する場合でも、まずはしっかり歯みがきをして、お口の中をいつもキレイにしておくこと。それが、フッ素の効果を高める最大のポイントです!


トップへ » 診療科目と料金 » 予防歯科 » 予防歯科メニュー



TOP