トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » 怖い音や泣き声の聞こえない、安心してもらえる環境を目指しています

怖い音や泣き声の聞こえない、安心してもらえる環境を目指しています

小児歯科

ほとんどのお子さまは、少なからず歯科医院を「怖い」と感じています。医院内に響く「キーン」という機械音を聞いただけで泣いてしまったり、お口の中を見せてくれないお子さまも少なくありません。また、他のお子さまが泣いていたりすると、それだけで「何をされるんだろう」と不安になるのでしょう。

当院では歯をけずる際も、この「キーン」という音がしない機械を使っています。また、医院内にはいつも「楽しい話し声」や「笑い声」が響いています。それは当院が、来院者の皆さんとの「会話」を大切にし、医院を「コミュニケーションの場」にしていただいているからです。

保護者の方もご一緒に診療室へ小児歯科
当院では、すべてのお子さまに安心して治療を受けてもらえるよう、細心の注意を払っています。恐怖心が強いお子さまの場合は、保護者の方にも一緒に診療室に入っていただいたり、まだ一人では椅子に座れない赤ちゃんは、保護者の方に抱っこしていただいたまま治療を進めたりします。

また、嫌がるお子さまに、いきなり治療を始めることはありません。まずは、治療の雰囲気に慣れてもらうために、診療用の椅子に座ってもらう練習やお口を開ける練習、ブラッシングの練習などからスタートします。それも難しい場合には、お話を聞くだけでも大丈夫です。

当院では、初めて来院したお子さまの場合、そういったケースが80%ですので、保護者の方も、「嫌がって治療を受けられなかったらどうしよう...」といったご心配は不要です。

お子さまのために必要な応急処置はきちんと行います小児歯科
無視に治療は行わないことを基本としていますが、患部の進行度合いによって、痛くて眠れなかったり、食事ができなかったりすると、お子さま自身が辛い上に、保護者の方もお困りになると思われます。

そういった場合には、保護者の方にご相談とご説明をし、同意をいただいてから必要最小限の応急処置をしますので、安心してお子さまをお連れください。


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » 怖い音や泣き声の聞こえない、安心してもらえる環境を目指しています



TOP