トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯) » その他の入れ歯メニュー

その他の入れ歯メニュー

金属床義歯
入れ歯金属床義歯とは、義歯床が金属で出来ている入れ歯です。義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険適用のプラスチック義歯よりしゃべりやすく、違和感が少ない義歯を作れる可能性が高くなります。

<金属床義歯のメリット>
・耐久性に優れている
・プラスチック義歯より口の中が広く感じる
・熱が伝わるので食事がおいしく感じる
・ピタッリとして装着感がとてもよい

<金属床義歯のデメリット>
・小さいバネが見えてしまう(部分入れ歯の場合)
・あごの土手によっては作成できないこともある(総入れ歯の場合)

プラスチック義歯
入れ歯国民健康保険などの保険を使って総入れ歯(総義歯)を作る場合には、義歯床がプラスチックのものになります。プラスチックの総入れ歯は分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったりすることがありますが、料金が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。

<プラスチック義歯のメリット>
・保険が適用される

<プラスチック義歯のデメリット>
・違和感が大きい
・厚みがある
・割れやすい
・金属のバネが目立つ(部分入れ歯の場合)
・バネをかけている歯に負担がかかる(部分入れ歯の場合)
・バネがゆるみやすい(部分入れ歯の場合)
・歯がすり減りやすい(総入れ歯の場合)
・あごの骨がないと合わない場合がある(総入れ歯の場合)


トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯) » その他の入れ歯メニュー



TOP