トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » インプラント(人工歯根)とは

インプラント(人工歯根)とは

インプラント

インプラントとは、失ってしまった歯を補う治療方法のひとつで、あごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、それを土台にして人工歯を装着する方法です。ブリッジや入れ歯も失った歯を補う方法ですが、他の歯に負担がかからず、審美性や機能性に優れた最新の治療法がインプラントです。

また、インプラントにおいては、経験豊富な専門医を東京医科歯科大学から招き、万全な状態で治療を行っていることも当院の特徴です。

インプラントの最大のメリットは、「天然歯に近い噛み心地」インプラント
入れ歯やブリッジは、歯ぐきから上の部分だけを人工歯で補うものですが、インプラントは、人工歯根を埋め込み、歯の根っこの部分からすべてを補う点が大きく異なっています。そして、歯根がしっかりしているからこそ、天然歯と同じ感覚で噛むことができるのです。

従来、入れ歯では食べにくかった硬いお煎餅などもバリバリと食べられますし、カケラが挟まるなどの嫌な痛みに悩まされることがありません。また、入れ歯などは取り外して手入れをする必要がありますが、インプラントは普通に歯みがきをするだけで済み、天然歯と変わらない生活ができるのです。

<インプラントの特徴>
・何でもよく噛める
・入れ歯のような違和感や不快感がない
・ブリッジのように他の歯をけずる必要がない
・残っている他の歯を守ることができる
・見た目が美しい


トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » インプラント(人工歯根)とは



TOP