トップへ » 院長ごあいさつ » 歯科医としてのターニングポイント

歯科医としてのターニングポイント

院長紹介大学で2年勤務した後に開業したのですが、ビジネスをまったく知らずに始めたため、最初の2年間はとても苦労しました。転機になったのは、大阪で開業している先生に出会ったことです。その先生の医院では、来院者の方もスタッフもキラキラしていてとても楽しそうだったのです。

そんな時期があったからこそ、ヘルスプロモーションの定義である、「人々が自らの健康をコントロールして改善することができるようにするプロセス」という言葉を聴いたとき、大きな衝撃とともに急に視界が広がる感覚を覚えたのだと思います。


トップへ » 院長ごあいさつ » 歯科医としてのターニングポイント



TOP