トップへ » 院長ごあいさつ » 大学時代は挫折も経験

大学時代は挫折も経験

院長紹介私は、どちらかというと文系を希望していて、将来はホテルマンやペンションのオーナーになりたいと思っていました。ですが、母の強い希望があって理系に進学。父は鶴見歯科の会長でしたが、後を継いで欲しいといわれたことはありませんでした。

そんな状況でしたので、高校のころには目的意識が持てず、勉強もおろそかになっていました。そのため、現役で大学合格とはならず...。このときに父が流した涙がきっかけとなり、浪人時代には一念発起、勉強に奮起しました。

一浪して、歯学部に入りましたが、その当時も「歯医者になる」という意識はまだ低かったと思います。大学の卒業試験や国家試験の結果が芳しくなく、いろいろと試行錯誤した時代です。ですが、そういったさまざまな経験が糧となり、目的意識を持つことの大切さを実感したのだと思っています。


トップへ » 院長ごあいさつ » 大学時代は挫折も経験



TOP