トップへ » 院長ごあいさつ » 医院の方針となっているヘルスプロモーションという考え方

医院の方針となっているヘルスプロモーションという考え方

院長紹介

私が、歯科医師として、そして歯科医院の院長として進むべき方向を、極めて明確なビジョンとして持てたのは、「人々が自らの健康をコントロールして改善することができるようにするプロセス」という言葉を初めて聞き、大きな衝撃とともに急に視界が広がる感覚を覚えたときです。

この言葉は、ヘルスプロモーション(http://www.jshp.net/HP_kaisetu/kaisetu_head.html)の定義であり、「新しい健康観に基づく21世紀の健康戦略」なのですが、要するに、医療従事者のみが、「健康」「病気」に関する知識や情報を独占していた時代は終わったということなのです。

健康や身体に関する知識・情報を共有
医療を受けるすべての方々が、自分の健康、体に関する知識、情報を共有することが当たり前となり、そういった意味では、医師と患者の関係は、以前よりも随分とフラットな関係になっているのです。

医師のみが患者の健康を管理しているのではなく、患者が自分の力だけで健康を管理するのでもなく、コミュニケーションを重視しながら「協働」する、医師と患者の新しい関係が当たり前の時代を迎えつつあるのです。

患者さまをサポート
「治療」となると、それは医師の領分になりますが、「健康をコントロールして改善することができるようにする」というのは、まさに「予防歯科」の重要性を意味しています。そのプロセスにおいては、来院者の皆さま自身の「意識」があってこそ、私たちのサポートがお役に立てるのだと思います。

当院では、ヘルスプロモーションを実践し、来院者の皆さまが健康で幸福な人生が送れるようにサポートしていきたいと考えていますので、医院の治療方針は「予防中心」です。歯の健康を守ることで、充実した幸せな毎日を過ごしていただきたいと考えています。


トップへ » 院長ごあいさつ » 医院の方針となっているヘルスプロモーションという考え方



TOP